二の腕を隠す方法

二の腕を隠す方法。シーン別におすすめの対策方法

二の腕が太いとたくましく見えてしまって、女性として損ですよね。

 

綺麗な二の腕を目指してマッサージやエステ通いをするのは効果的ですが、今の太い二の腕を見せたくない時は、以下の方法がおすすめです。

 

袖の長さの基本は五分袖

五分袖だと肩から肘までが袖で覆われているため二の腕をきっちりカバーしてくれます。

 

そして肘から先、いわゆる「前腕」と呼ばれる部分は二の腕ほど太さは気にならない部分なので、あえて「出す」ことでほっそり感を打ち出し、太い二の腕から目線を外すことができます。

 

袖のデザインもいろいろありますが、おすすめは「フンワリと膨らんだパフスリーブ」や「肩から先が大きく広がったベルスリーブ」。

 

まはた「肩から袖のゆったり具合ではピカイチのドルマンスリーブ」も二の腕コンプレックをに解消してくれます。

 

視線を胸元へもっていかせる

人の視線を二の腕でなく、胸元へもっていかせる事もできます。

 

例えばラウンドネックやオフショルダーのニットやカットソーは襟や胸元が大きく広がっているため、すっきりとしたスキニーな印象を与えます。

 

夏など暑い時の服装

酷暑にどうしてもタンクトップを着たくなったときには、上に薄手のボレロをフワリと羽織ってみるののがおすすめ。

 

タンクトップは意外に難易度が高い服装のため、腕のサイズが気になるときはやはりさりげなくカバーすることも大事です。

 

ビーチサイドで水着になった時も、この薄手のボレロは使えます。

 

日焼け防止とともに二の腕から背中までのハミ肉を人目にさらさないですみます。

 

また大判のスカーフやショールは二の腕カバーに加え、冷房の効いた室内では冷え防止にもなります。

 

暑いからと言って二の腕をむき出しにするのはマナー的にもスマートとは言えません。

 

些細な気遣いですが、これができればさらに女子力を上げる事でしょう。

 

気になる二の腕がちゃんとカバーできているかどうかは、スマフォでビフォーアフターを自撮りなどをしてチェックする事ができます。

 

人気の二の腕痩せエステTOPへ >>